未分類

sponsored

sponsored

これは受注率を大幅に上げるポイントだ!あのアーティストさんにお会いして気付いたこと

2018年、初となるブログです。

みなさま、今年もよろしくお願いします。

昨年はこのブログをスタートし、メルマガの配信、フリーランスの方へ向けたコンサルも始めました。

2018年は1月12日に初のセミナー登壇もありますし、今年もエネルギッシュに活動して参ります!

それではいきましょう!!!
お問い合わせからの受注率を上げる秘訣を体験しましたのでまとめました。

空港でシンガーソングライターの いであやかさんに遭遇!

年末の話なのですが、帰省した際、空港で振り返るとシンガーソングライターのいであやかさんがいました。

nara「あの~。いであやかさんですよね?」
いでさん「はい、そうです」(めっちゃキラキラした笑顔)

軽く雑談

わずか30秒程だったと思います。
しかし、軽くでも会話ができたことで、
今まではテレビCMで歌われていた、どこか遠くの人だったのに、
急に気になり始めました。

その後、いでさんの歌をyoutubeで探しまくりましたよね。
さらにCDはどこから買えるんだ?東京でLIVEってやっているかな?

もう、一気にファンですよね。

飾らず自然体な姿が素敵だったからもあると思うのですが、ここで自分が気付いたことは

「直接会うという強さ」です。

会う事で距離が縮みファンになる。

これって、仕事でも完全に当てはまってますよね。

お問い合わせ後 対応の仕方で受注率が全く違った

そう言えば、お問い合わせ後にどんな対応をしたかで受注率が全く違っていたことを思いだしたんですよね。

メールでお問い合わせをいただき、メールで返信
同じくメールでお問い合わせをいただき、電話で折り返し
さらに早い段階で、直接会いに行く

このパターンだと、明らかに直接訪問させていただいたクライアントが受注率が高いんですよね。

というか、会ってしまえば自分の場合はほぼ受注です。

どうすれば、後一歩近づけるのかを考える

メールで対応より電話の方が少しハードルがあり、
電話よりも直接会うことの方がハードルがありますよね。

だけど、その一歩近づく勇気があるかないかで、あなたのことを好きになってくれるかどうかが変わってきます。

正式に受注させていただいたら、どちらにしても会うんだから、最初に電話しても会っても同じですよね。

だったら、ドンドン会いに行っちゃいましょう!

今年も、想像もしない奇跡的なことを起こしていきましょう!

写真はいであやかさんオフィシャルWEBサイトより
いであやか OFFICIAL WEB SITE

sponsored

sponsored

ピックアップ記事

  1. 100万円で制作をお願いします!を即お断りしました。
  2. 「感謝、ありがとう」を何万回も言って幸せになれていない人へ。自分もメッチャ言って…
  3. 7月27日(土)第3回プライベートランチ会開催のお知らせ
  4. え!?470万のご依頼!?😳フリーランスの自分に来た驚きの相談
  5. ワーク会&BBQ楽しかった〜!!😆

関連記事

  1. 未分類

    ソフトバンクの問い合わせでオペレーターにつなぐ方法

    今日は、この情報探している人多いんじゃないかな~?と思っての投稿。…

  2. 未分類

    頑張ります!は要りません

    こんにちは。ハートフルWEBコンサルタントの楢崎です。営業会社とか…

  3. 未分類

    未経験でフリーランスWEBデザイナーになれるのか?

    こんにちは。ハートフルWEBコンサルタントの楢崎です。今日はf…

  4. 未分類

    大分のおじいちゃんへ

    「雅也!大分じいちゃん、意識が無くなったって!」帰省当日に、父…

  5. 未分類

    メルマガを開始しました!

    昨晩、メルマガ登録フォームを設置しました。告知はfacebookか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

sponsored

sponsored

最近の記事

sponsored

  1. 売り上げアップ

    フリーランスとして目指す存在を見つけたら、たった1年で収入が2倍になった
  2. フリーランスライフ

    3歳の娘に言われた「ちょっと静かにして!」その理由は?
  3. 未分類

    デザインを学んだことない自分がWEBデザイナーで活躍できるようになった学習法
  4. フリーランスライフ

    自治会の会長になってしまった。
  5. マインド

    WEBサイトを安く受注していたからこそ分かる単価の上げる考え方
PAGE TOP